環境省など、廃棄物エネルギー回収方策等に係るシンポジウム(関東地区)を開催

発表日:2020.02.25

環境省と(一社)廃棄物資源循環学会は、令和元年度第2回シンポジウム「地域循環共生圏形成における資源循環分野の果たす役割と可能性―エネルギー回収及びGHG排出削減―」の開催予定を発表した。このシンポジウムは、日本の廃棄物処理施設の約半数を占めている「100t/日未満」の廃棄物処理施設における廃棄物エネルギー回収・利用の促進を図るもの。今回、資源循環分野におけるエネルギーの回収及びその有効利用並びにGHG回収技術の現状と展望について話題提供を行い、地域循環共生圏形成へ道筋について討論を行う。令和2年3月2日に航空会館(東京都港区)で、自治体関係者を対象として、地域循環共生圏形成についての取組(同省)や、講演「フィードストックリサイクルの現状と将来展望について」、エネルギー利活用における技術事例等(東芝エネルギーシステムズ(株)、(株)IHI、トヨタ自動車(株))、パネルディスカッションを行うという(事前申込制、参加費:無料、定員:100名)。

情報源 環境省 報道発表資料
廃棄物資源循環学会 お知らせ
機関 環境省 廃棄物資源循環学会
分野 ごみ・リサイクル
環境総合
キーワード 環境省 | エネルギー回収 | 廃棄物資源循環学会 | 廃棄物処理施設 | GHG排出削減 | 廃棄物エネルギー | 地域循環共生圏形成 | 資源循環分野 | GHG回収技術
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS