群馬県、2017年度の県内温室効果ガス排出量を公表

発表日:2020.03.03

群馬県は、2017年度の県内の温室効果ガス排出量を公表した。同県では、「群馬県地球温暖化対策実行計画(区域施策編)(改定)」(2011-2020)において、2020年度における温室効果ガス排出量を、2007年度(基準年)比で8%削減することを目標としている。2017年度の県内温室効果ガス排出量は1,792万t-CO2で、前年度比0.05%の減少、基準年比10.8%の減少となった。温室効果ガスの約9割を占めるCO2排出量は16,739千tで、前年度比0.9%の増加、基準年比5.2%の減少となった。前年度比で減少した要因としては、産業部門及び運輸部門で二酸化炭素排出量が増加したが、三ふっ化窒素等の排出量が減少したため、温室効果ガス総計の微減などを挙げている。部門別二酸化炭素排出量は、1)産業部門:製造業及び建設業等の排出量はいずれも微増、2)業務部門・家庭部門:エネルギー消費量が減少し、電力排出係数も改善したため、排出量が減少、運輸部門:長期的に減少傾向が続いていたが、ガソリン消費量の増加等により、排出量が増加、等となった。

新着情報メール配信サービス
RSS