(株)日本触媒、バイオマスを原料とするアクリル酸製造技術を開発

発表日:2009.10.26

(株)日本触媒は、植物油からバイオディーゼル燃料を製造する際に副生するグリセリン(副生グリセリン)から、アクリル酸製造時の中間体であるアクロレインを製造する高性能触媒を開発したと発表した。同社の新技術は、(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の平成21年度イノベーション実用化開発費助成の対象として採択されたもの。これにより、アクリル酸を製造する際、石油由来のプロピレンから再生可能資源へと原料を転換できるため、地球温暖化の一因となる二酸化炭素の発生を1/3程度までに削減できるという。同社は今後、平成22年までの事業期間で、国内のアクリル酸製造拠点である姫路製造所にパイロットプラントを建設して新技術の実証を行い、技術の実証後、早急に企業化の検討を進める予定という。

情報源 (株)日本触媒 ニュースリリース(PDF)
機関 (株)日本触媒
分野 地球環境
ごみ・リサイクル
キーワード CO2/NEDO/バイオマス/触媒/バイオディーゼル/グリセリン/日本触媒/アクリル酸/アクロレイン/パイロットプラント
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS