国土交通省、環境性能の優れた次世代合成燃料を使用したバスの実証運行を実施

発表日:2010.06.30

国土交通省、産学官の連携による「次世代低公害車開発・実用化促進プロジェクト」の一環として、環境性能の優れた次世代合成燃料を使用したバスの実証運行を実施すると発表した。同プロジェクトでは、これまでFTD燃料(Fischer-Tropsch製法で合成する液体燃料)を使用した走行試験等を実施してきたが、平成22年度は、地球温暖化抑制の観点から、これにHVO燃料(Hydorotreated Vegetable Oil:植物油を水素化処理することにより得られる液体燃料)を混合した燃料を使用。平成22年7月1日(木)より6ヶ月程度、東京都、トヨタ自動車(株)、日野自動車(株)、昭和シェル石油(株)の協力を得て、この混合燃料を都営バスに使用した実証運行を実施する。都市内を運行する路線バスにこの混合燃料を長期間使用することで、排出ガス性能や部品への影響等を調査し、今後の合成燃料の自動車の実用化・普及に向けた課題を把握することを目指すという。

新着情報メール配信サービス
RSS