トヨタと日野、東京都で燃料電池バスの実証実験を実施

発表日:2015.07.21

トヨタ自動車(株)と日野自動車(株)は、東京都において、燃料電池バス(FCバス)の実証実験を実施すると発表した。水素を燃料として自ら発電して走るFCバスは、将来の水素社会実現に寄与する輸送手段として期待されている。今回、トヨタの燃料電池自動車(FCV)向けに開発したシステムを搭載したFCバスで、非常時を想定した外部電源供給システムの公開給電実証と、路線バスなど公共交通としての実用性を確認する走行実証を、東京都の協力を得て実施し、大都市における非常時の給電機能の実用性や、都内道路環境における走行性能を検証する。これらにより、FCバスの技術開発を着実に推進していくという。なお、実証期間は、2015年7月24日から30日までである。

新着情報メール配信サービス
RSS