凸版印刷(株)、LIME手法を取り入れた環境影響評価を開始

発表日:2010.08.31

凸版印刷(株)は、事業活動で使用するエネルギー、資源および排出されるCO2やVOCなどによる環境影響を定量的かつ統合的に評価できる「LIME手法」を取り入れた環境影響評価を2010年度より開始したと発表した。LIME手法は、ライフサイクルアセスメント(LCA)に関する日本の国家プロジェクトで開発された網羅的な環境影響評価方法である。従来の評価手法では、温暖化などにおいて特定分野(領域)への影響を単独で評価するのに対し、このLIME手法は、健康や生物多様性など様々な分野(領域)への影響を評価し、それらを基礎として環境影響を統合化し、網羅的に環境影響を算定するのが特長である。この手法を用いて同社の環境影響評価を行ったところ、2006年度を100として2009年度は88.3まで環境影響を低減できていたという。同社は今後、2006年度を基準とする統合化した環境影響および環境効率(売上高/環境影響)について継続的に評価を行い、その結果に基づき施策を立案することで、環境負荷の低減を図るという。

新着情報メール配信サービス
RSS