メルセデス・ベンツ日本(株)、日本で電気自動車の実証テストを開始

発表日:2010.10.12

メルセデス・ベンツ日本(株)は、2010年10月12日より、欧州の自動車会社としては日本国内で初めて、電気自動車の実証テストを開始すると発表した。この実証テストは、日本特有の気候や道路条件下において実際の車両を用いて様々な走行データを収集・検証し、2012年以降に予定している市販に備えるのが目的で、当初3台の電気自動車で実証テストを開始し、2011年以降は10台以上の規模に拡大する予定。今回使用する電気自動車には、米国・テスラモーターズ社(テスラ社)が開発したリチウムイオンバッテリー(16.5kWh)が搭載されている。これは、同社の親会社であるドイツ・ダイムラーAGが、2009年5月よりテスラ社と資本提携を行なっており、バッテリーシステムや電気駆動システム、さらには個別車両の開発において緊密な協力体制をとっていることによる。なお、同実証テストでは、一般市民からの参加を募集する予定という。

新着情報メール配信サービス
RSS