川崎市と東京電力(株)、「浮島太陽光発電所」の運転を開始

発表日:2011.08.10

川崎市と東京電力(株)は、建設を進めていた川崎市臨海部の「浮島太陽光発電所」が完成し、運転を開始したと発表した。両者は、平成20月10月に神奈川県川崎市浮島、および扇島の2地点において、合計出力2万kWの太陽光発電所を建設するメガソーラー計画を共同で進めることに合意した。今回、運転を開始した浮島太陽光発電所は、川崎市が保有する土地に東京電力が建設・運転する最大出力7,000kWのメガソーラー。年間発電電力量は、一般家庭約2,100軒分の年間使用電力量に相当する約740万kWhで、年間CO2排出量約3,100tの削減を見込んでいる。なお、「扇島太陽光発電所」は、当初計画通り平成23年12月に運転を開始する予定。両者は、今後、浮島太陽光発電所およびかわさきエコ暮らし未来館を活用して、太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギーに関する普及啓発を行うとともに、導入促進・利用拡大に取り組んでいくという。

新着情報メール配信サービス
RSS