川崎市と東京電力(株)、浮島太陽光発電所の1年間の発電電力量等を公表

発表日:2012.08.10

川崎市と東京電力(株)は、浮島太陽光発電所の1年間の発電電力量等を公表した。両者は、神奈川県川崎市浮島および扇島の2地点において、合計出力2万kWのメガソーラーを設置している。今回、浮島太陽光発電所(最大出力7,000kW)が、平成23年8月10日の運転開始から一周年を迎えることから、一年間の発電電力量等を発表した。これによると、一年間の発電電力量は、当初想定の約1.3倍となる約945万kWh(一般家庭約2,600軒分の年間使用電力量に相当)となり、CO2排出量削減効果は、約4,400t(一般家庭約910軒分の年間CO2排出量に相当)となった。川崎市では、今後も、蓄積された環境技術を国内外に情報発信を行うとともに、再生可能エネルギーや節電等の重要性について普及啓発を行っていくという。また、東京電力では、引き続き、扇島・浮島太陽光発電所の安全運転に万全を期しながら、電力の安定供給に努めていくという。

新着情報メール配信サービス
RSS