環境省、平成23年度日中協力土壌重金属汚染対策セミナーの開催結果を公表

発表日:2011.10.11

環境省は、平成23年9月26日(月)に中国・長沙市で開催された「日中協力土壌重金属汚染対策セミナー」の開催結果を公表した。中国では、「重金属汚染の総合的な防止に関する第12次5ヶ年計画」で、主要な汚染地域における重金属(鉛、水銀、クロム、カドミウム及びヒ素)の2015年排出削減目標が示され、これら汚染物質の削減が重要な課題になっている。同セミナーは、この問題に関して、中国側からの協力要請を受け、我が国の管理経験を提供するとともに土壌環境改善技術の交流を行うことを目的として行われたもの。セミナーでは、1)土壌汚染対策制度、2)土壌汚染に関する科学的知見と現状の取組、3)土壌重金属汚染対策技術、の3つのテーマでプレゼンテーション及びディスカッションが行われた。同省は、今回のセミナーの結果を踏まえ、中国国家発展改革委員会及び環境保護部と連携しつつ、今後の協力内容について検討していくという。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 健康・化学物質
水・土壌環境
キーワード 土壌汚染 | 環境省 | 中国 | 重金属 | 汚染物質 | 排出削減 | 技術 | 土壌環境
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS