スズキ(株)、第42回東京モーターショーに2人乗り超小型モビリティ車などを出展

発表日:2011.11.08

スズキ(株)は、平成23年12月3日(土)から11日(日)まで東京ビッグサイトで開催される第42回東京モーターショーの出品概要を発表した。同社は今回、四輪車として、1)軽量化と空力性能の追求により、低燃費・低排出ガスを実現した次世代グローバル・コンパクトカー(重量730kg、燃費32km/L以上(JC08モード)、CO2排出量70g/km以下(欧州複合モード))、2)半径10km程度の生活圏の移動用として、既存の二輪と四輪の中間に位置付けられる、2人乗り超小型モビリティ、3)電気自動車をベースに、発電用のエンジンを搭載した小型自動車、などを展示する。また、二輪車として、1) 高い環境性能(排出ガスゼロ)と、日常の買物などでの実用性を兼ね備えた電動スクーター、2)燃料電池車両として二輪・四輪を通じて世界初となる「欧州統一型式認証」を取得した燃料電池スクーター、などを展示する。

新着情報メール配信サービス
RSS