川崎市、かわさき環境ショーウィンドウ大賞の審査結果を発表

発表日:2012.01.25

川崎市は、かわさき環境ショーウィンドウ大賞の審査結果を発表した。かわさき環境ショーウィンドウ大賞は、省エネ創エネに関する技術や製品のPRと、より一層の普及を図るため、市内企業等における優れた取組を表彰するもの。今回は、東日本大震災後の電力不足を背景に、市内の企業その他団体を対象として、省エネ創エネに関する技術や製品の導入により、効果を上げた取組を募集した。その結果、大賞には、明治大学生田キャンパスの「設備(空調・照明)更新などによる省エネ」、入賞には、1)川崎アゼリア(株)の「高効率空調システム導入による大幅なCO2削減」、2)JFEアーバンリサイクル(株)の「創エネ・省エネプロジェクト」、3)川崎市幸区役所企画課の「再生可能エネルギー(風力&太陽光)を有効利用した環境意識啓発の促進」、4)富士通(株)の「環境リファレンスモデルの導入」がそれぞれ選出された。同市では、平成24年2月11日(土)にとどろきアリーナ(同市中原区)で行われる川崎国際環境技術展2012内で表彰式を行うという。

新着情報メール配信サービス
RSS