NEDO、有機系太陽電池の実証プロジェクトを開始

発表日:2012.07.09

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、有機系太陽電池の早期実用化を目的とした「有機系太陽電池実用化先導技術開発」の助成先を決定し、実証プロジェクトを開始すると発表した。同事業は、製造原価が安く、軽量で、設置場所の制約の少ないとされる有機系太陽電池について、同電池を使用した太陽光発電システムを設計・試作し、実証システムとしての最適化を図った上で、実使用環境に設置し、発電量や耐久性等を実証・評価するもの。その結果を基に、実用化に向けた開発課題を抽出するとともに、有機系太陽電池の市場要件(コスト・発電量・設置条件・耐久性・信頼性・意匠性等)を把握し、2010年代後半の実用化を目指した製品用途開拓を行う。今回採択された助成先は、1)三菱化学(株)、2)シャープ(株)と(株)フジクラ、3)日本写真印刷(株)、4)日立造船(株)、5)太陽誘電(株)とビフレステック(株)、の5件。研究期間は、2012年度から2014年度。

新着情報メール配信サービス
RSS