日本アジアグループ(株)、北九州市で地域密着型太陽光発電所を開発へ

発表日:2012.08.31

日本アジアグループ(株)は、福岡県北九州市若松区響灘において、地域密着型太陽光発電所「響灘ソーラーウェイ」を開発すると発表した。これは、出力2MW(一般家庭の約600世帯に相当する規模)の太陽光発電所で、地元企業の(株)安川電機をEPC事業者とした地域密着型のプロジェクト。2012年11月に着工し、2013年2月竣工する予定。また、北九州市が進める環境・エネルギーに関する設備投資に対する融資、「北九州市環境産業融資(リーディングプロジェクト支援金)」を利用する予定で、認定されれば同融資制度の第一号案件となる。同社では、再生可能エネルギーの固定価格買取制度のもとメガソーラー発電所の開発に向け、これまでの実績により培った技術とノウハウを活用し、地域特性にあわせた太陽光発電所の開発を行うとともに、地域住民と同施設を活用した地域づくり、まちづくりへの取り組みを進めていくという。

新着情報メール配信サービス
RSS