NEDOなど、バイオガスを高効率かつ低コストに製造する技術を確立

発表日:2012.12.03

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と(株)エネコープは、バイオガスを高効率かつ低コストに製造する技術を確立し、北海道七飯町に試験プラントを完成させたと発表した。両者は、「戦略的次世代バイオマスエネルギー利用技術開発事業(実用化技術開発)/地域共同有機マスを用いたエネルギー最適回収方法及びエネルギー最適利用方法の確立」の共同研究を2011年度から実施してきた。今回確立した技術は、牛糞尿、食品生ごみにBDF残渣(グリセリン)を適量混合し、バイオガスを高効率かつ低コストに製造するもの。完成したプラントでは、680立方メートル(従来に比べ20%増)のバイオガス製造が可能となるほか、純酸素を用いて生物脱硫を安定的に行うことにより、コスト増の一因となっていた脱硫剤の使用量を従来に比べ70%削減可能と見込んでいる。今後は、同プラントにより、長期運転による季節変化の影響等を検証するとともに、更なる試験を行っていくという。

情報源 (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) プレスリリース
機関 (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) (株)エネコープ
分野 地球環境
ごみ・リサイクル
キーワード バイオマスエネルギー | BDF | 新エネルギー・産業技術総合開発機構 | NEDO | 技術開発 | グリセリン | バイオガス | 生ごみ | 糞尿 | エネコープ
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS