2012年の気候災害の損害は1100億ドル、アメリカ海洋大気庁が報告

発表日:2013.06.13

アメリカ海洋大気庁(NOAA)国立気候データセンターが発表した報告によると、アメリカで2012年に起きた気候災害は、極端な荒天や竜巻、干ばつ、森林火災など11件で、被害総額は1100億ドル以上、死者は300名にのぼることがわかった。これは、1980年以降に起きた気候災害の中では、4つの大型ハリケーンが上陸した2005年(損害額は1600億ドル)に次ぐもので、大規模気候災害件数も2011年の14件に次いで2番目に多い。損害の主な要素は二つあり、最も大きな被害をもたらしたのは、ハリケーン「サンディ」で、被害総額は約650億ドル。東海岸に高潮、洪水、大規模停電などを引き起こし壊滅的な影響を及ぼした。また、アメリカの半分以上の地域で干ばつが一年間続き、300億ドルの損失をもたらした。干ばつは農業に大きな損失をもたらすだけでなく、森林火災を引き起こすこともあり、2012年は全国で900万エーカーの森林が焼失したとしている。

新着情報メール配信サービス
RSS