イギリス気象庁、2010年代の10年間のイギリスの気温は100年間で2番目に高温多湿と速報

発表日:2020.01.03

イギリス気象庁は、2010~2019年の国内の気温を総括し、2019年だけでも速報値を含め4つの月で高温記録が生まれており、2010年代は2000年代に次いで2番目に気温が高く降水量の多い10年だったと報告した。ただ、2018年3月に最高気温の低さで記録が更新されるなど年ごとの変動も大きいという。同庁によると、2019年は2月26日、7月25日、12月28日(速報値)に一日の最高気温が、2月23日に一日の最低気温がそれぞれ各月の過去最高を記録し、過去11番目に高温多湿の年であった。一方、2018年には、3月1日に一日の最高気温が3月として過去最低を記録した。これらを含め、2019年までの10年間には高温の記録が8つ(2019年12月分は速報値)、低温の記録がひとつ生まれている。同国の気候は温暖化しているが、変動も大きく、10年毎に明らかに温暖化しているわけではない。ただし、低温の年が発生する頻度は著しく低下しているという。

新着情報メール配信サービス
RSS