イギリス気象庁、2019年7月25日にイギリス最高気温を更新したと確定

発表日:2019.07.29

イギリス気象庁(MetOffice)は、2019年7月25日にケンブリッジ大学植物園で観測した38.7℃をイギリス公式記録史上の最高気温と確定した。2003年8月のケント州フェイバーシャムの記録38.5℃を更新した。同植物園内の観測所は24時間ごとに記録を公表するが、月次で報告する観測所もあり、さらに高い気温が記録されていた可能性もある。この日を含む週は欧州中部・西部で猛暑が続き、イギリスのほかベルギー、ドイツ、オランダが過去最高気温を更新した。イギリス東方に高気圧が、西方に低気圧があり、この気圧配置が、北アフリカから欧州大陸に流れ込んでいた高温の大気をイギリスに呼び込んだ。これは、2019年6月下旬の猛暑と同じ構造である。北アフリカの一部の気温はすでに産業革命前より約2.0℃上昇しており、欧州では熱波の発生可能性と強度が増し、イギリスも温暖化の進行の速い近隣諸国の影響を受けて40.0℃を記録するリスクが高まっているという。2018年に、MetOfficeは、2018年のような猛暑の発生可能性は気候変動のない場合の30倍と発表している。

新着情報メール配信サービス
RSS