ヴッパータール気候・環境・エネルギー研究所、気候中立を目指すための産業インフラ整備の必要性を指摘

発表日:2020.06.10

ヴッパータール気候・環境・エネルギー研究所は、「欧州における重工業の脱炭素化のためのインフラの必要性」という政策概要書を公表した。同書は、欧州の化学、鉄鋼、セメント産業が気候中立を目指すためには、脱炭素化とクリーンエネルギー化が必要であることを報告し、2050年までに完全な脱炭素化を行うために必要なインフラを分析したものである。ベルギー、オランダ、ドイツのノルトライン・ヴェストファーレン州に囲まれた産業地域では、クリーンエネルギーへの需要が集中するため、再生可能エネルギーで発電された電力とグリーン水素の効率的な輸送システムが新たに必要となる。一方で、他の産業地域では、近隣で生成された再生可能エネルギーによって大部分の需要を満たすことができる。今後、欧州連合(EU)内の様々な産業の脱炭素化戦略を、地域、国、欧州全体レベルで調整し、その実施を促進するとともに、必要なインフラをタイムリーに使用できるよう整備しなければならない。

情報源 ヴッパータール気候・環境・エネルギー研究所ニュース
「欧州における重工業の脱炭素化のためのインフラの必要性」政策概要書
国・地域 ドイツ
機関 ヴッパータール気候・環境・エネルギー研究所
分野 地球環境
環境総合
キーワード 再生可能エネルギー | EU | クリーンエネルギー | 気候中立 | インフラ | 電力 | ヴッパータール気候・環境・エネルギー研究所 | 脱炭素化 | グリーン水素
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS