JX日鉱日石エネルギー(株)とHySUT、ガソリンスタンド一体型水素ステーションを開所

発表日:2013.04.19

JX日鉱日石エネルギー(株)と水素供給・利用技術研究組合(HySUT)は、ガソリンスタンド一体型水素ステーションを神奈川県海老名市に開所したと発表した。これは、両者と(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)との共同実証事業の一環として、ガソリン計量機と燃料電池自動車(FCV)への水素充填機を並列設置し、ガソリンスタンド敷地内での水素充填を行うもの。供給する水素は、ガソリンのサプライチェーンと同様、製油所などで大量・効率的に製造した水素を輸送し、ステーションで蓄圧器(ボンベ)に貯蔵する方式で、FCVの本格普及期における水素の大量供給を想定している。また、ステーションの水素供給設備は、パッケージ型設備で、今後の水素ステーションの建設コストの低減につながることが期待される。今後、供給インフラに関する技術検証を行うとともに、運営ノウハウの蓄積を図ることで、ガソリンスタンドにおける水素供給事業の早期確立を目指すという。

情報源 JX日鉱日石エネルギー(株) ニュースリリース
水素供給・利用技術研究組合(HySUT) プレスリリース(PDF)
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) プレスリリース
機関 JX日鉱日石エネルギー(株)(現:JXTGエネルギー(株)) 水素供給・利用技術研究組合(HySUT)(現:(一社)水素供給利用技術協会) 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
分野 地球環境
キーワード 水素 | 新エネルギー・産業技術総合開発機構 | NEDO | 燃料電池自動車 | 水素ステーション | ガソリンスタンド | JX日鉱日石エネルギー | HySUT | 水素供給・利用技術研究組合 | FCV
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS