福岡県、県内で水素ステーション6か所の整備が決定

発表日:2015.04.13

福岡県は、県内で水素ステーションの整備が新たに6か所決定したと発表した。同県では、「水素エネルギー社会」を実現するため、水素・燃料電池の研究開発や人材育成、関連産業の育成・集積などに取り組んできた。「ふくおかFCVクラブ」では、官民一体となって、FCV(燃料電池自動車)の率先導入、水素ステーションの整備を進めている。今回、国の平成26年度補正予算「燃料電池自動車用水素供給設備設置補助事業」の交付決定があり、県内で新たに6か所が採択された。整備事業者は、西部ガス(株)(1か所)、岩谷産業(株)(1か所)、JX日鉱日石エネルギー(株)(4か所)となっている。これまでに開所または整備が決定しているものとあわせ、県内の水素ステーションは、当面の目標としていた10か所となる。同県では今後も、FCVの普及と水素ステーションの整備を一体的に進め、福岡をFCVの普及拠点の1つとして発展させていくという。

新着情報メール配信サービス
RSS