(独)海洋研究開発機構など、地球温暖化に伴う赤道準2年振動の弱化傾向を発見

発表日:2013.05.23

(独)海洋研究開発機構とハワイ大学国際太平洋研究センターは、地球温暖化に伴う赤道準2年振動(QBO)の弱化傾向を発見した。これは、60年分の観測データを解析し、赤道域の成層圏(高度約18km-50kmの領域)に存在するQBO(赤道域の西風と東風が約28ヶ月の周期で交互に吹いている現象)の強さが、過去数十年にわたって弱まっている事を世界で初めて発見したもの。さらに、最新の気候モデルデータを用いた考察から、QBOが弱まる原因は、高度19km付近の赤道上昇流が強まる為であることも示した。今回の研究は世界の主要な気候モデルで予想されていた、成層圏の地球規模の流れが地球温暖化によって強まる事を観測データから初めて立証し、世界的に懸念されているオゾンホールの今後に関連して、特に将来のオゾンホールの回復に関する検討に大きな示唆を与えるもので、「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の科学的知見の集約に大きく貢献するという。

情報源 (独)海洋研究開発機構(JAMSTEC) プレスリリース
機関 (独)海洋研究開発機構(JAMSTEC) ハワイ大学国際太平洋研究センター(IPRC)
分野 地球環境
キーワード 地球温暖化 | 海洋研究開発機構 | IPCC | 成層圏 | 気候 | オゾンホール | 赤道 | JAMSTEC | ハワイ大学国際太平洋研究センター
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS