JAMSTECなど、成層圏赤道準2年周期振動(QBO)の崩壊イベントの再現に成功

発表日:2018.02.03

海洋研究開発機構(JAMSTEC)、ハワイ大学、オックスフォード大学による国際研究チームは、成層圏赤道準2年周期振動(QBO)の崩壊イベントの再現実験に成功した。QBOは、赤道下部成層圏(高度約16~30km)の平均東西風が28か月程度をかけて次第に交代する準周期的な振動現象。60年間以上、規則正しい振舞いを見せていたが、このサイクルが2015/2016年の冬季に崩壊した(QBO崩壊イベント)。今回の研究では、「地球シミュレータ」を利用し最新の高解像度全球気候モデルを実行することで、QBO崩壊イベントの再現に成功した。さらに、崩壊の直接の原因の特定に成功し、北半球亜熱帯成層圏の東西風の構造によって屈折しながら伝わった大気波動が、QBOを含む赤道成層圏の厚さ数km程度の狭い高度範囲に集中して作用したことを明らかにした。この成果は、前例のない稀なケースにおいても、モデルによる予測が可能であることが示されたもので、QBOを予測可能な季節予測システムの検討が世界の気象機関等において進むことが期待されるという。

新着情報メール配信サービス
RSS