JAMSTEC、北西太平洋の微小な渦が海洋循環へ与える影響を解明

発表日:2014.12.15

(独)海洋研究開発機構(JAMSTEC)は、北西太平洋の微小な渦が海洋循環へ与える影響を解明したと発表した。海洋における中規模渦の活動は、地球規模の熱循環、海洋生態系やCO2などの物質循環に大きな役割を担っている。今回、海洋で発生する微小な渦や筋状の流れのような小さなスケールの現象(サブメソスケール現象)の影響を調べるため、スーパーコンピュータを用いて高解像度海洋モデルによる北太平洋の数値実験を実施。その結果、北西太平洋の黒潮続流の周辺で、冬季に海洋表面の混合層が厚くなり、層内でサブメソスケール現象が活発化すること、また、よりスケールの大きい100~300km規模の現象(メソスケール現象)である中規模渦に運動エネルギーが遷移し、活性化させることで海洋循環の季節変動に大きな影響を及ぼすことを世界で初めて明らかにした。今後同モデルで全球規模の再現実験を行い、さらに地球温暖化による海面水温の上昇が渦の挙動に与える影響を推定することによって、微小な渦の海洋循環への影響についてさらなる解明が進むことが期待されるという。

新着情報メール配信サービス
RSS