NEDO、フランス・リヨンで太陽光発電を活用したカーシェアリングシステムの実証を開始

発表日:2013.10.15

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、フランス・リヨン市においてスマートコミュニティ実証事業として再生可能エネルギーを利用した電気自動車(EV)カーシェアリング実証試験を開始したと発表した。この実証事業は、フランスのリヨン都市共同体(グランリヨン)が進めている「コンフルエンス地区の都市再開発」と連携する形で、NEDOが実施するリヨンスマートシティプロジェクトの一環として取り組むもの。今回、リヨン市において、交通渋滞や駐車場不足の解消と、低炭素化を実現する次世代の交通システムの構築を目的に、市民参加型のEVカーシェアリングの実証を開始した。EV30台と太陽光発電(PV)と連携した充電インフラを用いて、PVの発電電力を電力系統に負荷をかけずに効率的にEVに充電することにより、CO2削減に寄与できる先進的なスマートコミュニティ技術を実証する。実証期間は、2013年10月から2015年12月まで。

情報源 (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) プレスリリース
(株)東芝 プレスリリース
東芝ソリューション(株) ニュースリリース
三菱自動車工業(株) プレスリリース
機関 (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) (株)東芝 東芝ソリューション(株) 三菱自動車工業(株)
分野 地球環境
キーワード 太陽光発電/電気自動車/フランス/新エネルギー・産業技術総合開発機構/NEDO/東芝/実証/カーシェアリング/リヨン市/東芝ソリューション
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS