環境省、富山新港火力発電所石炭1号機リプレース計画に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2014.01.07

環境省は、富山新港火力発電所石炭1号機リプレース計画に係る環境影響評価準備書について、平成26年1月7日付けで経済産業大臣に対し環境大臣意見を提出した。同事業は、北陸電力(株)の富山新港火力発電所において、運転開始から40年程度が経過した石炭を燃料とする石炭火力発電所1基を、天然ガス(LNG)火力発電設備1基に更新(リプレース)するもの。熱効率が良い発電設備の一つ(1,500℃級ガスコンバインド発電方式)を利用し、環境保全対策を講じることとしていることから、環境負荷は低減することが見込まれている。今回の環境大臣意見では、1)大気、水環境及び廃棄物に関する環境保全措置を適切に講じること、2)二酸化炭素(CO2)分離回収設備の実用化に向けた技術開発を含め、今後の革新的なCO2排出削減対策についても継続的に検討を進めること、3)LNG1号機の環境負荷が最も低い水準である間は、設備利用率を高めるよう努めること等を求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
環境総合
キーワード CO2 | 環境負荷 | 石炭 | 環境省 | 天然ガス | 環境保全 | 環境影響評価 | 火力発電所 | 熱効率 | 環境大臣意見
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS