環境省、京王電鉄京王線連続立体交差化等事業に係る環境影響評価書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2012.03.26

環境省は、環境影響評価法に基づき、「京王電鉄京王線(笹塚駅~つつじヶ丘駅間)連続立体交差化及び複々線化事業」に係る環境影響評価書について、平成24年3月26日付けで国土交通大臣等に対し、環境大臣意見を提出した。同事業は、鉄道施設の改良事業で、連続立体交差化により25か所の踏切を除去し、交通渋滞の解消、鉄道・道路の安全性向上、鉄道により分断されていた地域の一体化を図るとともに、複々線化により鉄道輸送サービスの向上を図るもの。今回の環境大臣意見では、同事業の計画路線周辺に住居や病院、学校等が多く存在することから、騒音や振動等の影響をできる限り低減させるよう、以下の指摘がなされた。1)騒音について、実行可能な範囲内でできる限りの回避・低減に努め、振動については、「防振地中壁の設置」を行う地点の事後調査を実施し、その効果を確認するとともに、必要に応じ追加的措置を検討すること、2)高架橋が圧迫感を与える可能性がある場所については、フォトモンタージュの作成等により影響を予測・評価するとともに、必要に応じ環境保全措置を検討すること、3)温室効果ガス(CO2)を削減するため、低燃費型建設機械やLED照明の使用、また、太陽光発電システムや二酸化炭素排出削減対策の導入を検討すること。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
環境総合
キーワード CO2 | 環境省 | 温室効果ガス | 騒音 | 環境保全 | 鉄道 | 環境影響評価 | 振動 | 環境大臣意見 | 京王電鉄
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS