NEDO、インドで高効率な簡易選炭技術を実証

発表日:2014.07.28

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、インドで高効率な簡易選炭技術を実証したと発表した。インドの石炭火力発電所では、近年の良質な国内炭の枯渇により、灰分の多い低品位炭の使用が課題となっている。また、灰分を多く含む石炭の輸送効率の悪さや燃焼時のエネルギー効率の悪さ、灰処理等の環境問題が顕在化してきており、選炭に対するニーズが高まってきている。NEDOでは、2008年度から、インド石炭省と共同で日本の高効率な簡易選炭技術を用いた実証事業を同国オディシャ州で実施。その結果、灰分を多く含むインド産石炭(灰分40~50%程度)を効率的に、灰分34%以下の高品位炭と、灰分が主成分であるボタに分離することが可能であることを実証するとともに、当該選炭技術の導入により、従来の選炭技術に比べて、高品位炭の回収率を3%程度向上できることを実証した。今後はインドにおいて、環境問題の解決にもつながる日本の高効率な選炭技術の普及が期待されるという。

新着情報メール配信サービス
RSS