NEDO、インド・ハリヤナ州でスマートグリッド実証を本格始動

発表日:2018.01.26

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、インド共和国北ハリヤナ配電公社(UHBVN)とともに、インド・ハリヤナ州パニパット市内に監視制御システムと約1万台のスマートメーターを設置し、実系統でのスマートグリッド実証事業を本格的に始動したと発表した。インドの配電会社では、スマートメーターなどのスマートグリッド関連技術の導入による配電設備・システムの拡充が喫緊の課題となっている。今回の事業は、パニパット市内の特定のエリアにおいて、監視制御システムにより配電系統を監視・制御するとともに、設置したスマートメーターから電力消費量のデータを集約することで、同国の配電会社が抱える課題である配電ロスを低減する技術の実証を行う。NEDOでは、この取組を通じて、インドの配電網のスマート化に貢献するとともに、日本のスマートコミュニティ技術の普及促進を目指すという。

新着情報メール配信サービス
RSS