NEDO、インド・ハリヤナ州でスマートグリッド実証事業を実施へ

発表日:2015.12.08

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、インド電力省などとの間で、ハリヤナ州のパニパット市内においてスマートグリッド関連技術の実証事業を実施することで合意し、基本協定(MOU)を締結したと発表した。今回のMOUは、1)スマートグリッド関連技術の実証事業、2)キャパシティ・ビルディング事業、を実施するもの。1)では、パニパット市内の一部の顧客にスマートメータを設置し、監視制御システムにて、スマートメータのデータ収集や監視・制御を行うことで、ピークロード低減技術、配電系統監視・制御技術、盗電・電力メータ改ざん・料金徴収漏れ等の配電ロス低減技術、の実証を行う。2)では、インドの配電会社が、課題である配電ロスの低減、柱上変圧器故障率の削減、停電頻度の改善等の解決に向けて、日本のスマートグリッド関連技術を効果的に活用できるように、当該技術の使いこなし方を含めた配電システムの運用ノウハウ等の提供を行う。両事業を併せて行うことで、インドの配電網のスマート化に貢献するとともに、日本の技術の普及を目指すという。

新着情報メール配信サービス
RSS