環境省、「生物多様性条約第12回締約国会議(COP12)」等の結果を公表

発表日:2014.10.20

環境省は、平成26年10月6日から17日まで韓国のピョンチャンで開催された「生物多様性条約第12回締約国会議(COP12)」及び「名古屋議定書第1回締約国会合(COP-MOP1)」の結果を公表した。COP12では、戦略計画及び愛知目標の中間評価、資源動員戦略、生物多様性と持続可能な開発、海洋・沿岸の生物多様性、条約の効率的な運用等の広範な分野について議論され、34の決定事項が採択された。また、COP-MOP1(10月13日~17日)では、名古屋議定書の実施に関する事項について議論され、13の決定事項が採択された。さらに、15・16日に開催された閣僚級会合では、持続可能な開発への生物多様性の統合等について閣僚間で議論が行われた。なお、次回会合は、カルタヘナ議定書第8回締約国会合とともに、平成28(2016)年11月にメキシコ・ロスカボスで開催される。

新着情報メール配信サービス
RSS