(独)海洋研究開発機構、統合国際深海掘削計画(IODP)第339次研究航海を開始

発表日:2011.11.11

統合国際深海掘削計画(IODP)研究航海の一環として、米国が提供するジョイデス・レゾリューション号による研究航海「地中海流出水と地球環境変動の関連性の解明」が開始されることを、(独)海洋研究開発機構(JAMSTEC)が発表した(期間:平成23年11月17日~平成24年1月17日)。この研究航海では、地中海の出口にあたるカディス湾とイベリア半島西方沖の合計7サイトで掘削・堆積物コアの採取を行い、新第三紀の鮮新世以降(過去約530万年間)の地中海流出水の変動史を明らかにするとともに、流出水の変動が北大西洋の海洋循環や地球規模の古気候変動に与えた影響を解明することを目指す。この航海には、日本から6名が乗船するほか、米国、欧州、中国、韓国、オーストラリア、インドからも含め、計27名が乗船研究者として参加する予定。

新着情報メール配信サービス
RSS