JAMSTEC、地球温暖化による東シベリア域の植物生産性・生物量・葉面積の増加を予測

発表日:2016.07.22

海洋研究開発機構(JAMSTEC)は、地球温暖化の影響により、東シベリア域の永久凍土地帯に拡がるカラマツ林帯の植物生産性が増加する見通しであることを明らかにしたと発表した。近年進行している地球温暖化とそれに伴う永久凍土の融解が、世界最大の針葉樹林帯であるカラマツ林帯へもたらす影響が危惧されてきた。今回研究グループは、植生モデルに永久凍土の機能を新たに組み込むことによって、気候変化に伴う永久凍土とカラマツ林帯の応答を調べる数値実験を行った。その結果、今世紀末までに最大予想規模の地球温暖化が進行した場合、永久凍土は地下深くまで後退し、それに伴って土壌表層から深層への土壌水の浸出が年数十mm程度生じるものの、年降水量は100~300mm程度増加するため、結果として東シベリア全域は湿潤化し、カラマツ林帯のほぼ全域において植物生産性・生物量・葉面積のいずれも増加することが高いことを明らかにした。

新着情報メール配信サービス
RSS