川崎市と昭和電工、低炭素水素社会実現に向け協定を締結

発表日:2015.07.28

川崎市と昭和電工(株)は、低炭素水素社会の実現に向けた連携・協力について合意し、2015年7月28日に協定を締結したと発表した。昭和電工では、川崎事業所におけるアンモニア製造工程において、原料となる水素を使用済プラスチックから取り出す製造方法を2003年から導入している。今回の協定は、両者で使用済プラスチック由来低炭素水素を活用した環境負荷の少ない低炭素な水素社会の実現を目指すもの。協定に基づく取り組みの一つとして、使用済プラスチック由来の水素を川崎臨海部の需要者にパイプラインで輸送し、純水素型燃料電池を活用しエネルギー利用する技術実証を行う。川崎市は、実証事業に参加する各事業者間等の調整、許認可取得関連の支援、実証事業への助言等の役割を担う。一方、昭和電工は、使用済プラスチック由来の水素の製造・供給を行うとともに、サプライチェーンの実現に必要な技術実証を行うという。なお、今回の実証は、環境省の「平成27年度地域連携・低炭素水素技術実証事業」に採択されている。

新着情報メール配信サービス
RSS