環境省、小型船舶の低炭素化(燃料電池)の実証実験を開始

発表日:2015.07.30

環境省は、長崎県五島市で小型船舶の低炭素化(燃料電池)の実証実験を、平成27年8月5日から開始すると発表した。これは、CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業(小型船舶の低炭素化(燃料電池)の技術開発・実証)によるもの。同事業では、小型船舶をモデルに、燃料電池を利用した外洋での運行が可能な低炭素型小型船舶を製作し、実海域で実証することで、船舶のCO2排出削減を図り漁船等への水平展開を図ることを目的としている。今回、環境省(事業受託者:戸田建設(株))が長崎県五島沖で実証事業を実施している浮体式洋上風力発電の余剰電力により生成した水素を活用した、低炭素型小型船舶(燃料電池船)の実証を行う。実証場所は、長崎県五島市福江島・椛島沖である。

新着情報メール配信サービス
RSS