環境省、二国間クレジット制度(JCM)に係るプロジェクトを登録

発表日:2015.08.04

環境省は、平成27年8月4日にベトナムのハノイで開催された二国間クレジット制度(JCM)に関する第4回日・ベトナム合同委員会において、JCMプロジェクトが1件登録されたと発表した。今回登録されたプロジェクトは、日本側は日本通運(株)、ベトナム側はNippon Express (Viet Nam) Co., Ltdが実施する「デジタルタコグラフを用いたエコドライブ」(第1号)。トラック124台にデジタルタコグラフを活用したエコドライブ啓発システムを装着し、燃料給油量、走行距離、その他の運転行動等のデータを収集・分析する。各ドライバーに対して収集・分析したデータに基づいて運転行動の改善を指導し、運転行動の改善を促すことで、トラックの実走行燃費を向上させることに加え、交通事故の減少や輸送品質の向上にも結び付ける。想定されるGHG排出削減量は2020年までの合計で1,776t-CO2となる。日本政府では、引き続きJCMを着実に実施することで、優れた低炭素技術を活用した地球規模での温暖化防止を推進していくという。

新着情報メール配信サービス
RSS