三菱重工など、シンガポール公益事業庁と下水処理場向け技術の総合実証プラント建設で合意

発表日:2015.09.07

三菱重工業(株)と三菱商事(株)は、シンガポール公益事業庁(PUB)と、新設するトゥアス新下水処理場向けに、先進の水処理・再利用技術を導入した総合実証プラントを建設することで合意し、契約を締結したと発表した。トゥアス新下水処理場は、数々の先進技術を統合して省エネと省人化を実現しており、下水の集水・処理・排水・再生を高効率に実現するシンガポールの水処理インフラである第2期深部式トンネル下水システム(DTSS)の中核設備となるもの。今回の総合実証プラントは、新下水処理場の下水処理コストの低減とエネルギー効率の向上を目的に、PUBが保有するウルパンダン下水処理場内に建設される。処理能力は1万2,500m3/日で、既設の下水処理場と異なり、オペレーターによる常時監視を必要としない完全自動化プラントとなる計画である。また、オペレーターの訓練施設としての役割も果たし、下水最適化に向けたパラメーターの検証を実施するという。なお、建設完了は2017年2月の予定。

新着情報メール配信サービス
RSS