NEDO、電力消費に応じてリアルタイムにエネルギー制御可能なシステムを開発

発表日:2015.09.25

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、NEDOプロジェクトを活用して、(株)竹中工務店が、建物の電力消費に応じてリアルタイムに充放電することができるエネルギー制御システムMSEGを開発し、オフィスビルに初導入し、実証試験を開始したと発表した。MSEGは、太陽光発電、発電機、電気自動車など、最近のビルに採用されているさまざまな分散型電源を直流で一括制御し、建物の電力消費に応じてリアルタイムに充放電することができるもの。これにより、刻々と変化するビルの電力消費に柔軟に対応し、ビルの電力デマンドを最適に調整することが可能になった。今後は、初導入した東京都江東区の「TAK新砂ビル」での実証データの蓄積を行い、さらなるシステムの充実を図るとともに、エネルギーマネジメントと災害等緊急停電時の事業継続・早期復旧の両方のニーズが高い建物に同システムを提案していく予定という。

新着情報メール配信サービス
RSS