JAMSTEC、ダカール・ニーニョ/ニーニャ現象を世界で初めて発見

発表日:2016.01.07

海洋研究開発機構(JAMSTEC)は、ダカール・ニーニョ/ニーニャ現象を世界で初めて発見したと発表した。西アフリカのダカール沿岸付近は、海洋内部から栄養塩が運ばれ、豊かな漁場として知られる一方、時にこの海面水温が大きく変動し、海洋生態系に大きな影響を及ぼす年があることが報告されている。今回研究グループでは、1982年から2011年までの過去30年間の観測データと再解析データを解析した結果、ダカール沿岸の海面水温が温かくなるダカール・ニーニョ現象、冷たくなるダカール・ニーニャ現象が発生していることを明らかにした。さらに、この現象に伴う海面水温の変化が直上の大気を暖めたり冷やしたりすることで陸側の気圧との圧力差を生み、それと釣り合って生じる沿岸風が海洋表層の水温に影響を及ぼし、さらにその結果が沿岸風に影響するという大気海洋相互作用を生じていることを突き止めた。「沿岸ニーニョ現象」のメカニズムを明らかにし、予測モデルに組み込むことで、異常気象をもたらす気候変動予測の高精度化に繋がることが期待されるという。

新着情報メール配信サービス
RSS