JAMSTEC、中長期の気候変動予測で観測データを有効活用する新手法を開発

発表日:2016.04.14

海洋研究開発機構(JAMSTEC)は、数年先までの気候変動予測精度を向上させる新たな手法を開発し、最近50年間の気候変動を対象にした検証実験によりその予測性能を実証したと発表した。この新たな手法は、JAMSTECが開発した四次元変分法に基づくデータ同化手法を中長期気候変動予測に導入することで、海洋と大気の複数の観測データセットから時間的にゆっくりとした気候変動情報を効率よく取り込み、初期値をより適切に決定できるように改良したもの。スーパーコンピュータ「地球シミュレータ」上で、全球的な気候変化傾向の高い予測性能が実証されており、とりわけ太平洋北西部海域での予測精度が著しく向上した。今回の成果により、数年先までの高品質な海洋環境予測データセットの作成が可能になり、水産資源変動研究等に利用されることにより社会へ大きく貢献することが期待されるという。

新着情報メール配信サービス
RSS