JAMSTECなど、エルニーニョ現象の新しい予測手法を考案

発表日:2015.11.25

海洋研究開発機構(JAMSTEC)は、京都大学と共同で、力学解析に基づいたエルニーニョ現象の新しい予測手法を考案したと発表した。異常気象を各地で引き起こすエルニーニョ現象の精度の高い予測方法の開発は、世界的に強く要請されている。今回、データ同化技術を駆使し地球シミュレータによって作成された大気海洋環境再現データセットを用いて、大気―海洋間で交換されるエネルギーのうち、エルニーニョ現象の発達・減衰に重要な役割をはたす要素を再評価したところ、5-10年の時間間隔でエネルギー交換の振幅が変動していた。この解析結果をもとに、5-10年スケールのエネルギー交換の長期変動の影響を大気・海洋結合モデルに組み込み、過去のエルニーニョ現象に関する実証実験を地球シミュレータで行った。その結果、これまで難しいとされてきた「春先にその年のエルニーニョ現象を予測する精度」を大幅に向上させられることが明らかになった。この成果は、エルニーニョ現象のメカニズム解明、予測精度向上に新たな可能性を示すという。

新着情報メール配信サービス
RSS