川崎重工、中国で環境配慮型ごみガス化システムを受注

発表日:2016.02.16

川崎重工業(株)は、中国CONCHグループと共同開発した環境配慮型ごみガス化システムについて、4機を連続受注したと発表した。同システムは、既存のセメントプラントにごみ焼却炉を併設することにより、セメント生産工程とごみ処理工程を一体化させ、ごみの無害化・減量化・再資源化を図るもの。ごみや下水汚泥をガス化し、そこで得られる熱エネルギーをセメント生産工程で有効利用することにより、同工程で使用される石炭などの化石燃料およびCO2排出量を削減することができる。ごみ・下水汚泥をガス化した後の灰などはセメントの原料として再利用できるため、従来のごみ焼却処理に必要な焼却灰の最終処分が不要となる。また、ごみ処理の際に発生するダイオキシン等の有害物は、セメント焼成工程において無害化されるため、有害物処理専用の設備が不要となる。今回受注したのは、中国広西チワン族自治区凌雲県、安徽省銅陵市、安徽省寧国市、河北省沙河市の計4機で、2017年1月までに順次納入する予定という。

新着情報メール配信サービス
RSS