環境省、東京都市圏における環境対策のモデル分析最終取りまとめ報告書を公表

発表日:2016.03.31

環境省は、東京都市圏における環境対策のモデル分析最終取りまとめ報告書を公表した。同省は、「2020年オリンピック・パラリンピック東京大会を契機とした環境配慮の推進について(平成26年8月)」を踏まえて、国立環境研究所等の参画により2020年・2030年・2050年における環境対策の効果と経済への影響について定量的に分析を行った。また、文部科学省及び海洋研究開発機構の協力の下、東京湾臨海部において、緑地の有無による気温や風の流れ方等に関する分析を行った。今回の報告書では、複数の分析モデルを連結させることにより、1)都市のコンパクト化に伴う低炭素効果(温暖化対策関連)、2)気温の低減効果や緑地整備手法による効果の違い将来の暑熱環境(ヒートアイランド対策関連)、3)人口や廃棄物受入施設等の将来の空間分布を考慮した施策の効果、都市の集約拠点の計画的な更新と建築物の長寿命化による建設廃棄物の削減効果(廃棄物対策関連)を明らかにできたという。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
ごみ・リサイクル
健康・化学物質
自然環境
大気環境
水・土壌環境
環境総合
キーワード 建設廃棄物 | 環境省 | 海洋研究開発機構 | 国立環境研究所 | 文部科学省 | 低炭素 | 環境対策 | オリンピック | 暑熱環境 | 東京都市圏
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS