北海道大など、環境DNA解析による簡易なニホンザリガニ生息調査の可能性について発表

発表日:2016.06.20

北海道大学は、パシフィックコンサルタンツ(株)及び兵庫県立大学との研究チームによる環境DNA解析によるニホンザリガニの生息調査の概要を発表した。今回の研究は、札幌近郊の河川上流域21箇所で採水した沢水の環境DNA解析(リアルタイムPCR法:合成酵素連鎖反応法)と野外の捕獲調査の結果を検証したもの。その結果、ニホンザリガニが捕獲された10箇所の河川で採取した水から、ニホンザリガニの特異的なDNAが検出された。ニホンザリガニは河川上流部の石の下に隠れて生息しているため、その調査は困難であり、生息確認には多大な時間やコストがかかる。今回の研究成果は、環境DNAを用いた調査が従来の調査手法より、簡易にかつ確実に水生生物の有無を明らかにできることを示唆しているという。

新着情報メール配信サービス
RSS