長野県、平成27年度末の汚水処理人口普及状況を公表

発表日:2016.09.05

長野県は、平成27年度末の汚水処理人口普及状況を公表した。長野県「水循環・資源循環のみち2015」構想は、生活排水施設を整備し、これを適切に管理運営し、汚水処理事業を将来にわたって安定的に継続するため、そして、汚泥の利活用などにより循環型社会の構築に向けた役割を果たしていくための持続可能な生活排水対策ビジョン。今回、平成27年度末の長野県の汚水処理人口普及率は97.4%となり、平成26年度末の97.3%と比較して0.1ポイント上昇した。処理人口普及率を各処理施設別にみると、下水道82.7%、農業集落排水施設等9.0%、浄化槽・コミュニティ・プラント5.7%となった。同県では今後も、豊かな自然環境を保全し、快適で暮らしやすいまちづくりのため、同構想に基づき、市町村と連携しながら生活排水対策の取組を進めていくという。

新着情報メール配信サービス
RSS