JFEエンジニアリング、イランで廃棄物発電のインフラ案件発掘・市場性調査を実施

発表日:2016.09.20

JFEエンジニアリング(株)は、イラン国で廃棄物発電のインフラ案件発掘・市場性調査を実施すると発表した。この調査は、(独)日本貿易振興機構(JETRO)の「イラン国テヘラン市における廃棄物焼却発電施設の導入」に関する「我が国企業の技術を活用したインフラ案件発掘・市場性調査」を受託したもの。現在テヘラン市では、1日あたり8,000トンを超える都市ごみが発生しており、今後の経済発展に伴い更に増加すると見られている。一方、同市では、発生した都市ごみを最終処分場で直接埋立しており、最終処分場の逼迫と環境汚染が深刻な問題となっている。同社では今回、電力不足にも悩むテヘラン市の現状を踏まえ、廃棄物発電プラントの導入を検討する。具体的には、都市ごみと、現地で深刻な課題となっている医療系廃棄物の適正処理について、現地関係者の協力を受け現状調査分析を実施。これを元に、廃棄物発電の最適な処理プロセスの選定等を行うという。

情報源 JFEエンジニアリング(株) ニュースリリース
機関 JFEエンジニアリング(株)
分野 地球環境
ごみ・リサイクル
キーワード 廃棄物発電 | JFEエンジニアリング | 調査 | 適正処理 | 都市ごみ | 日本貿易振興機構 | イラン | テヘラン | JETRO
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS