大分大、アンモニア生産プロセスの省エネ化などに貢献可能な触媒を開発

発表日:2016.09.21

大分大学は、既存の工業プロセスよりも理想的な条件で、アンモニア合成活性を示す新規触媒として、酸化プラセオジムにルテニウムを担持した触媒(Ru/Pr2O3)を開発したと発表した。近年、アンモニアは、再生可能エネルギーの貯蔵・輸送を担うカーボンフリーのエネルギーキャリアとしても重要性が増している。今回開発した触媒は、生成速度換算で従来型触媒の約2倍となるアンモニア合成活性を示し、高効率でアンモニアを得ることができる。また、ルテニウムが結晶性の低いナノレイヤーとして担持され、高い塩基性を有することが相乗的に作用することで、アンモニア合成反応の律速段階である窒素分子の切断が促進され、高活性が実現されていることを明らかにした。開発した触媒によって、既存のプロセスの省エネ化・合理化、再生可能エネルギー由来のアンモニア生産プロセスの実現が期待できるという。

新着情報メール配信サービス
RSS