東京工業大など、新触媒を用いた低温微加圧条件下におけるアンモニア合成活性の向上を実現

発表日:2016.10.07

東京工業大学と高エネルギー加速器研究機構は、低温で高活性なアンモニア合成新触媒を実現したと発表した。アンモニアは、窒素肥料原料のみならず、燃料電池などのエネルギー源(水素エネルギーキャリア)としての利用が期待されている。従来、アルカリ金属やアルカリ土類金属の酸化物を添加した鉄やルテニウムなどのアンモニア合成触媒として用いられてきたが、300℃以下の低温度領域で活性の高い触媒は見いだされていなかった。今回研究グループは、カルシウムアミドにルテニウムナノ粒子を固定化した触媒が、低温で従来の触媒の10倍以上の高い触媒活性を示すことを発見した。また、この触媒にバリウムを3%添加したところ、700時間(約1ヵ月)以上に亘り反応を行っても触媒活性はほとんど低下せず極めて安定に働く触媒であることも明らかにした。今回の成果は、アンモニア合成プロセスの省エネルギー化技術を大幅に促進する結果であるという。

情報源 東京工業大学 プレスリリース(PDF)
東京工業大学 ニュース
高エネルギー加速器研究機構 プレスリリース(PDF)
科学技術振興機構(JST) 共同発表
機関 東京工業大学 高エネルギー加速器研究機構
分野 地球環境
キーワード 省エネルギー/触媒/東京工業大学/低温/水素エネルギー/アンモニア/ルテニウム/高エネルギー加速器研究機構/カルシウムアミド
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS