矢野経済研究所、リチウムイオン電池主要4部材世界市場に関する調査結果2016を発表

発表日:2016.10.20

(株)矢野経済研究所は、リチウムイオン電池(LIB)主要4部材の世界市場に関する調査結果2016を発表した(調査期間:2016年4月~10月)。同調査は、LIB部材のうち、正極材、負極材、電解液・電解質、セパレーターの主要4部材を対象に、日本、韓国、中国、米国などのLIB部材メーカーを調査対象としたもの。2015年は民生小型機器向けのLIBセル市場が前年に比べ伸び率が鈍化したのに対し、車載用LIBセル市場は特に中国のEV等市場の急成長を牽引役に大きな伸びを見せている。その結果、LIB主要4部材市場の成長は継続しているが、各部材での金額ベースの伸び率は数量ベースの伸び率を下回る形となっている。これらにより、2015年の世界市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、前年比118.1%の70億5,043万6,000ドルと推計された。また、各部材での生産能力と実需の乖離は徐々に縮まる方向にあるが、ハイグレード品については需給バランスがタイトな状況が続いていくと予測されるという。

新着情報メール配信サービス
RSS