環境省、(仮称)稲庭岳風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2016.11.14

環境省は、岩手県で計画されている「(仮称)稲庭岳風力発電事業に係る計画段階環境配慮書」について、平成28年11月14日付けで経済産業大臣に対し環境大臣意見を提出した。同事業は、日立造船(株)が、岩手県二戸市において、最大で総出力180,000kW(2,000~3,000kW×60基)の風力発電所を設置するもの。事業実施想定区域及びその周辺は、水源かん養保安林、岩手県指定鳥獣保護区などが存在するとともに、希少猛禽類の生息が確認されている。また、他の2事業者による風力発電事業に係る対象事業実施区域が広範に含まれている。今回の環境大臣意見では、対象事業実施区域の設定にあたり、1)騒音等、風車の影、生態系、景観及び人と自然との触れ合いの活動の場に係る重大な環境影響が避けられない区域を除外すること、2)事業実施想定区域内で環境影響評価手続中の他2事業者と情報共有・情報収集を行い、実現可能な事業の内容を検討し、方法書に記載すること、3)累積的な環境影響を予測・評価すること、等を求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
自然環境
大気環境
環境総合
キーワード 風力発電 | 生態系 | 環境省 | 騒音 | 環境影響評価 | 景観 | 岩手県 | 日立造船 | 環境大臣意見 | 環境配慮書
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS